よく自治体や町内会単位で防災用として用意されているのは、土木作業用のフリーサイズのヘルメット。性能自体は問題無いものの、サイズなどは統一された量産品でフィットしないことも。頭にフィットしていないと、ちょっとした衝撃で外れかけたり、酷いと駆け足で足からの振動・衝撃だけでズレてしまう事があります。付け慣れてないとアゴ紐をかけるだけでも不快感が出るかもしれません。

ロッククライミング用は強度はもちろんですが、頭部とよくフィットするタイプが多く装着もしやすい傾向があります(要はスポーツ用品)。最近では防災グッズとして、兜状のものに後にタレ(シコロとも呼ぶらしい)がついたタイプもあるようです。タレは消防隊が火の粉や熱気から身を守る為に、頭部から首、肩周辺を保護している部分で、防火用だけで無く軽量の飛来物からの首の保護にも役立ちます。

スポーツ用のヘルメットであれば玄関や寝室においても、土木建設用の白いヘルメットと比較すれば部屋の雰囲気を壊しにくいので是非チェックしてみてください。