1階建ての場合は壁・柱の数に応じて家屋が一方方向へ変形、屋根へ積まれた重い瓦が支えきれなくなって押しつぶされる状態が映し出されていました(中越地震、能登半島地震でも同様に)。

阪神大震災以前の耐震基準の低さ、或いは仕事が悪く、柱と柱の間をX字型に角材を組み入れる「筋交い(ブレース)」が全く入っていなかったり、老朽化や シロアリなどの影響を受けて基礎部分に付けておく柱が宙に浮いていたりすると倒壊してしまう可能性は高まります。

木造2階建ての場合は、1階建てでさえ上記のような有様なのに、2階の重さ+家具等が加われば1階は耐えられず老朽化した家屋では1階が完全に潰れて2階が1階になっているようなケースも見られました。このようなケースでは1階に寝ていたが為に震災の犠牲(圧死、窒息)にも。

1階が駐車場になっている、いわゆる「下駄履き(げたばき)」タイプの家屋・マンションも壁や柱といった部材が他の階と比較して少なくなって耐震性が低下、1階が潰されてしまいやすくなります。建物は柱の本数や壁の有無でも耐震性に大きく影響します。

しかしながら、足腰が弱ってきた年配の方や介護が必要な方は、わざわざ2階へ上って寝るというのが一苦労で1階で寝てしまう、という事も多かったはず。古い家屋では地震が起きて数十秒間程度で潰れてしまう事もあるため、脱出しようにも時間的な余裕もありません。若い世代でも震度5以上ともなれば身動き出来ない人がほとんどでしょう。

震災の揺れに備える場合、要介護者等がいる世帯では平屋で木造でも寝室など一部区画を鉄骨にして全壊時でも安全性を高められます(寝室の四方を鉄骨のフレームで組んだ家屋があります)。屋根材も軽いほうが良いでしょう。バリアフリーのメリットと逆行しかねないですが河川氾濫などの浸水被害も想定する場合は平屋でも高床仕様となりそうです。

なお、阪神・淡路大震災では犠牲者、死因70~90%が家屋の下敷きによる圧死とされています。