大震災に遭い、なんとか家屋の倒壊は免れた・・・と思ったら電力復旧して通電再開から暫く経つと火の気のない所から出火、火災へ発展する場合があります。原因は屋内に配線された電力線や、家電製品とプラグ間のケーブルが損傷、ショートでの過熱によるもの。

電力線の内部に通っている銅線の直径などは通電時の電流などによって分類、普段使っても安全なように設計、施工されています。しかし、震災などで電力線へダメージが加わって、銅線が半分だけ断線したような状態だと「通電はするが、安全とされる銅線の径に満たないという半断線状態」となり、時折、電気火災へと発展します

細い銅線に過大な電流が流れ続けると過熱、コードが焼けて出火します。なので、火の気がないような所でも出火します。特に「倒壊の危険性は低いが、辛うじて住めるかも」という状況の家屋は、家屋全体にダメージが行き渡っている事から、ガス管・水道管・電力線の確認が必要です。水道管や排水管もエルボ(コーナー部)から、わずかに漏水が発生、壁内部を伝っていたりするとカビの発生まで年単位で気づかないケースもあります。

半断線の他にも、電力復旧と同時にブレーカーが落ちていたら、既に何処かで配線が短絡(ショート)している可能性があります。早期に電気工事などに依頼して、短絡の位置確認と配線の修復が必要になります。家中に張り巡らされている配線を全て引き直すのは工事にも期間を要しますが、応急処置として引き込んでいる分電盤から屋内配線を完全に切り離して新規に簡易分電盤で設け、必要最低限の配線を確保すれば、機材の供給が可能であれば工事は早めに終わります。

また避難所などへ出向くなど家を離れる場合はブレーカーを落としておくことで通電火災を防ぎやすくなります。